日本語専用の E-メール
imk0130@yahoo.co.jp
(予約はここをクリック)

もしも上記のアドレスで送れない場合は
im013888@hanmail.net

日本からの連絡
001-82-10-5601-6212

韓国からの連絡
010-5601-6212
Today : 690 Yesterday : 912
Max : 9,216 Total : 212,772,000

ドルハルバン10-07-21 13:52

  • writer : 林映辰
  • view : 2,737

ドルハルバンという済州島のシンボルで昔は神様に村の入り口に立ててありました。

済州には神様が18000個います



林映辰 11-03-17 09:12
답변
済州島の歴史
およそ200万年前、火山の噴火によってできたと考えられている。その結果主に玄武岩溶岩から成っている。三国志に現れる3世紀の州胡を済州島人(耽羅民族)に比定する説がある。その後耽羅国が成立し、4世紀頃には、百済に朝貢していた。新羅の朝鮮半島統一後は、主に新羅に朝貢するようになったが、日本へも何度か朝貢するなど、独自の外交を見せた。耽羅国の言語は韓族とは言語系統が異なるものであったとするのが通説である。

高麗時代の1105年に耽羅州として直轄領として組み込まれ、1214年から済州と呼ばれるようになるが、在地支配層は依然健在で、高い独立性を維持し続けた。元に対して抵抗した三別抄の残党は、済州島を最後の拠点として立てこもった。反乱は元・高麗軍によって平定され、済州島は元の直轄地に組み込まれた。元が済州に牧場を設けたため、以後の済州は馬産地になり、また元からの移住者およびその子孫は牧子と呼ばれた。

李氏朝鮮の時代には朝鮮八道の1つ、全羅道に組み込まれ、在地勢力は次第に力を失っていった。朝鮮時代には江華島と並ぶ流刑地の一つでもあった。15世紀の済州には船に居住して海産物を採る海民がいて、本土の海岸まで出ていくものがあり、一部は海賊化した。

1910年の韓国併合で日本の領土となり、1945年まで朝鮮総督府によって統治されていた。

1948年4月3日には済州島四・三事件が発生し、少なくとも3万人の島民が韓国軍などによって虐殺された。それから逃れる為に日本に渡って来た在日韓国・朝鮮人も多い。

大宅壮一の著書「炎は流れる」の朝鮮編には、「済州島民は朝鮮半島本土と違い、性格は温厚で生活様式が日本に近い」とある。