日本語専用の E-メール
imk0130@yahoo.co.jp
(予約はここをクリック)

もしも上記のアドレスで送れない場合は
im013888@hanmail.net

日本からの連絡
001-82-10-5601-6212

韓国からの連絡
010-5601-6212
Today : 391 Yesterday : 1,056
Max : 9,216 Total : 217,416,400

ガラスの城博物館10-07-29 21:26

  • writer : 林映辰
  • view : 2,344
ガラスの城博物館
済州ガラスの城博物館は、日本をはじめイタリアやチェコなど、世界有数のガラス造形作家の作品が展示されており、ガラス専門家によって構成されたプロジェクトチームが数年かけて造成した、大規模なガラス造形芸術体験テーマパークです。館内すべてのものが、ガラスをテーマにしたエンターテイメントで、入場料とは別に体験料を支払えば、自分で作ることのできる硝子飾り作りの体験イベントも用意されています。

博物館は大きく室内の現代ガラス造形館と、室外のテーマ公園の二つに分けられています。現代ガラス造形館には、「ジャックと豆の木 (Jack & The Beanstalk)」に登場する、巨大なガラス製の豆の木を筆頭に、パイレックス硝子で特殊製作されたガラスハルバン、約5000個あまりのパイレックス硝子を利用して星座を表現し、四方の鏡を利用して、まるで宇宙を遊泳するような夢幻的な雰囲気を体験できる鏡部屋 (Mirror Room)、四方に大型鏡を設置して正三角形の空間の中から様々な角度に映された自分の姿を見ることができる多面鏡ルーム (Magic Mirror Room) などがあります。また、これ以外にも、ガラスで作られた鼓、3000個あまりのガラスで作られたもやしなどが展示されています。



野外テーマ公園には、リサイクルされた焼酎瓶を加工して製作したリサイクル魚、多様な数千枚の凸面鏡と白砂利で作られた鏡の湖、夜間の照明景観が非常に美しいガラスのピラミッド、湖の上に浮かぶカラフルなの大型ガラスのコーヒーカップ、ガラスで作られた色とりどりの花が美しい花園、ガラスの迷路、硝子の滝、ガラスの橋などさまざまな作品があり、ひとつひとつがとても美しく、撮影スポットとしても高い人気を集めています。